バイデン大統領を日本で逮捕する方法―過去にはフランス等での事例も #ガザ

ガザで虐殺を行うイスラエルへ軍事支援する米国のバイデン大統領が戦争犯罪を問われ、逮捕されることは理論上あり得る―戦争犯罪や普遍的管轄権について、実例も交えて解説。
志葉玲 2024.04.16
読者限定

 昨年10月以降、パレスチナ自治区ガザに猛攻撃を続けているイスラエル。ガザでの犠牲者は3万3000人以上にのぼり、そのほとんどが女性や子ども等の非戦闘員だとされています。軍事作戦であれ、非戦闘員である民間人への攻撃は国際人道法違反であり、戦争犯罪です。国際社会からの批判はますます高まっていますが、イスラエルのネタニヤフ首相はそうした批判に反発しています。世界各国や国連関連の各機関から批判されても「米国さえ味方であるならば問題ない」というのがイスラエルの姿勢であり、実際、米国はイスラエルを擁護し、支援してきました。

 最近になって、米国のバイデン大統領は、米国内、とりわけ、自身の支持層である民主党支持者達の中でガザ攻撃への憤りが高まっていることもあり、ネタニヤフ首相らに対し民間人の保護を強く求めるようになったのですが、遅きに失した感がありますし、あくまで口先だけのことです。ガザの人道危機を憂慮しているポーズをしながら、対イスラエル軍事支援は継続しています。

 つまり、ガザの人道危機について、バイデン大統領はネタニヤフ首相と「共犯関係」にあります。ネタニヤフ首相の暴走を止めず、ガザの人道危機を目の当たりにしながら、イスラエルへの軍事支援を継続するならば、バイデン大統領自身の法的な責任が問われること、そして日本でバイデン大統領が逮捕されることも、理論上はあり得る―そうしたことからバイデン大統領に圧力をかけることが、イスラエル軍によるガザでの虐殺を止める上で役立つのではないでしょうか。

【志葉からのお知らせとお願い】ウクライナやパレスチナなどの紛争地での現地取材や地球温暖化対策、脱原発、入管問題などで鋭い記事を配信し続けるジャーナリスト志葉玲が、ジャーナリズムの復権と、より良き世界のための発信をテーマにニュースレターを開始。本記事含め、当面、無料記事を多めに出していきます。お知らせのための登録だけなら無料ですので、是非、以下ボタンからご登録ください。Journalism will never die!!

〇兵器供与も戦争犯罪になり得る

 国際的な人権団体「アムネスティ・インターナショナル」は、イスラエル軍がガザで民間人を攻撃した際に米国産のJDAM(統合直接攻撃弾)が使用されたことを、爆弾の破片に刻まれたシリアル番号から特定しました。特定された二つのケースで、19人の子どもを含む43人のガザ市民が殺害されたとのことです。さらに、アムネスティ・インターナショナルのアニエス・カラマール事務局長は次のように、米国の責任を指摘しています。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3842文字あります。

すでに登録された方はこちら

読者限定
大炎上した山崎怜奈さんに伝えたい、コスパ至上主義と実際に世界で起きてい...
読者限定
「欺瞞の平和」広島市・松井市長の逆ギレ会見-再考促す署名も #ガザ
読者限定
何故、イスラエルは国連を嫌い、攻撃するのか―背景に恐るべき本性
読者限定
「次の首相」上川氏の顔に泥を塗った防衛省―ガザ虐殺最中にイスラエル軍事...
誰でも
ウクライナを食いものにする日本の「平和主義者」と岸田政権
誰でも
日本は金出す国、イスラエルは壊す国―問われる上川外相、日本の納税者に説...
誰でも
「佐藤優クロ現問題」でNHKに批判相次ぐ―世論分断工作に加担?ウクライ...
読者限定
これが本当の「解放」安田純平さん、外務省の弾圧に勝訴-メディアの姿勢問...