岸田首相の「ウクライナ詐欺」?高笑いするのはイスラエルか―殺傷力のある兵器輸出解禁

岸田政権が、兵器輸出の運用ルールである「防衛装備移転三原則」の運用指針を改定し、ミサイルや弾薬など殺傷能力のある兵器輸出を解禁したことについて、特にウクライナやガザとの関連で解説します。
志葉玲 2023.12.26
誰でも
今年2月 ウクライナ東部クラマトルスクを取材する志葉

今年2月 ウクライナ東部クラマトルスクを取材する志葉

 読者の皆さん、こんにちは。ジャーナリストの志葉です。記事掲載が大分時間が空いてしまったことお詫びします。各地の講演やら、他媒体での執筆やらで忙殺されていました。

  さて、今回は、岸田政権が、兵器輸出の運用ルールである「防衛装備移転三原則」の運用指針を改定し、ミサイルや弾薬など殺傷能力のある兵器輸出を解禁したことについて解説します。報道では、ミサイルを迎撃する地対空ミサイル「パトリオット」を米国に輸出することで、間接的にウクライナへの防空システムの支援になると説明されています。ただ、そうした政府側の意向に沿った報道を鵜呑みにして良いのか、疑問も残ります。

【志葉からのお知らせとお願い】ウクライナやパレスチナなどの紛争地での現地取材や地球温暖化対策、脱原発、入管問題などで鋭い記事を配信し続けるジャーナリスト志葉玲が、ジャーナリズムの復権と、より良き世界のための発信をテーマにニュースレターを開始。本記事含め、当面、無料記事を多めに出していきます。お知らせのための登録だけなら無料ですので、是非、以下ボタンからご登録ください。Journalism will never die!!

〇これはウクライナ支援なのか?

 今月22日、岸田政権は閣議で防衛装備移転三原則の運用指針を改定し、殺傷力のある兵器の輸出を大幅緩和しました。これまでは、外国企業から技術を導入し国内で製造する「ライセンス生産」の装備品の輸出について、部品のみに限定していたものを、完成品の輸出も認めるとしたのです。

朝日新聞(asahi shimbun)
@asahi
「平和破壊する道」「鍋の底抜けた感覚」 殺傷兵器輸出に相次ぐ批判 asahi.com/articles/ASRDQ…

政府が「殺傷能力のある武器」の輸出解禁に踏み切った。「平和主義」の看板が揺らぐ判断に、紛争地で平和活動に取り組んできた人たちやジャーナリストからは批判や懸念の声が相次いだ。
「平和破壊する道」「鍋の底抜けた感覚」 殺傷兵器輸出に相次ぐ批判:朝日新聞デジタル  政府が「殺傷能力のある武器」の輸出解禁に踏み切った。「平和主義」の看板が揺らぐ判断に、紛争地で平和活動に取り組んできた www.asahi.com
2023/12/23 07:06
1097Retweet 1314Likes

 運用指針改定を受け、岸田政権は早速、米国へパトリオットを輸出すると発表しました。現在、ウクライナでは、ミサイルやドローン等を迎撃する防空システムの消耗が激しく、中でも地対空ミサイルが枯渇するのではないかと懸念されています。これまでウクライナへの軍事支援の中心を担ってきた米国ですが、ウクライナ支援のための追加予算の議会承認が共和党の抵抗で滞っています。

 そのため、日本がパトリオットを輸出することで、米国のパトリオットの在庫に余剰が生まれ、その余ったパトリオットを米国からウクライナへ供与するということが可能となる―そうした岸田政権の思惑を、各メディアが報じています。

 確かに、ウクライナの人々が防空システムの支援を求めていることは事実です。ウクライナ現地取材で志葉がお世話になった同国東部にいる友人からも、「連日、空襲警報が鳴り響き、ロシアがミサイルで攻撃してくる。日本からも防空システムの支援をしてくれないか?」との訴えがありました。他方、日本がパトリオットを輸出するのは、あくまで米国なので、日本からの輸出で生じたパトリオットの余剰分をどう使うかは、米国次第であり、日本には決定権はありません。

ロシア軍のミサイルで被害を受けた集合住宅 ウクライナ東部クラマトルスクにて

ロシア軍のミサイルで被害を受けた集合住宅 ウクライナ東部クラマトルスクにて

〇むしろイスラエル支援にならないか?

 気になるのは、「ウクライナへの間接支援」を大義名分とする日本からの米国へのパトリオットの輸出ですが、実際には、パレスチナ自治区ガザへ猛攻撃を行っているイスラエルへの間接的な支援にならないか、ということです。

 イスラエルがガザ攻撃を開始した今年10月以降、イラクやシリアにある米軍基地に対する攻撃が増加しています。イスラエルと敵対するイランが支援する武装勢力によるものと観られていますが、いずれにしてもガザ攻撃が中東の米軍基地のリスクとなっていることは明らかです。それは、これまで米国がイスラエルを常に支持・支援してきたこと、バイデン政権もイスラエルのガザ攻撃を外交及び軍事で支持・支援しているからです。

 中東の米軍基地への攻撃増加に対応するため、米国政府は中東の基地へのパトリオット配備を進めています。さらに、ウォール・ストリート・ジャーナル紙の報道では、イランからの弾道ミサイルなどへの警戒を念頭に、パトリオットをアラブ首長国連邦、イラク、カタール、クウェート、サウジアラビア、ヨルダンといった中東の国々に送るとのことです(関連情報)。

 人口密集地への猛爆撃などのイスラエルの攻撃によって、既に2万人以上のガザの人々が殺され、その7割が女性や子どもです。こうした攻撃に加え、イスラエルがガザへの援助物資の搬入を制限しているため、ガザの全人口の220万人の半分が飢餓状態にあり、病院も機能しなくなるなど、事態はイスラエルによるガザへのジェノサイドというべき極めて深刻なものとなっています。こうした中、国連安全保障理事会では、即時停戦を求める決議が米国の反対で採択できないという状況が続いています。ガザの人道危機において、イスラエルのみならず米国の責任も極めて大きいのです。

志葉講演資料より

志葉講演資料より

 ガザに対するジェノサイド、それを支持支援する米国に対する中東全体の強い反発を背景にした米軍基地への攻撃は、いわば米国の「身から出た錆」、「自業自得」です。イスラエルへの軍事的・外交的支援を米国が見直すこともせず、パトリオット配備でやり過ごそうとする中で、日本が米国にパトリオットを輸出することは、ウクライナへの間接支援ではなく、イスラエルへの間接支援(つまり、ジェノサイドに加担)になりかねないのではないでしょうか。また、イスラエルの防空システムにもパトリオットは使われており、今後、米国がパトリオットをイスラエルに供与する可能性も否定できません。

ジャーナリスト志葉玲
@reishiva
ガザの犠牲者数が2万人に迫っている。#イスラエル 軍や兵士、そして国民の多くが国際人道法を守る意識が無いことも犠牲が拡大している原因かと。やはり同国の在り方自体に問題がある。

国連の学校を歓声と共に爆破、死者の遺品を盗む―イスラエル軍の素行が悪すぎる #ガザ
news.yahoo.co.jp/expert/article…
国連の学校を歓声と共に爆破、死者の遺品を盗む―イスラエル軍の素行が悪すぎる #ガザ(志葉玲) - エキスパート - Yahoo!ニュース 戦争は、人間を悪魔のように変える―それは過去の戦争での事例でもそうであるし、筆者の紛争地取材でも実感してきたことだ。だが news.yahoo.co.jp
2023/12/21 09:13
108Retweet 176Likes

〇著しい国会軽視は民主主義に反する

 本稿で前述した通り、ロシアのミサイル攻撃に脅かされているウクライナが、防空システムの支援を切実に必要としていることは、厳然たる事実です。ウクライナ現地での被害を取材で目の当たりにした志葉としては、日本から米国へのパトリオット輸出が間接的なイスラエル支援になるくらいなら、ウクライナに日本から直接パトリオットを供与した方がまだマシだと思います。この場合、紛争当事国に兵器を移転できないとする防衛装備移転三原則に反しますが、それを言うなら、常に紛争地に米軍を派遣しており、実際に軍事作戦も行っている米国に兵器を移転すること自体がおかしいとも言えます。

 そのような意味においても、防衛装備移転三原則の運用指針改定が、国会の審議を避け、与党のごく一部の密室会談でまとめられたことは問題です。防衛装備移転三原則の運用指針の改定は、ロシアによるウクライナ侵攻開始から間もないの2022年4月の時点で、自民党安全保障調査会が提言案として浮上していました。また、今年7月には防衛装備移転三原則の緩和が自民・公明両党によって論点整理されています。

 つまり、国会で審議する十分な時間はありましたし、例えば、ウクライナに対し、あくまでミサイル迎撃に限定したかたちでの例外的な支援を行うことを、国会で与野党が協議することも出来たはずです。しかし、実際には、殺傷力のある兵器の輸出が与党のみでの密室での協議の挙句、閣議決定されたのです。憲法に基づく平和国家としての日本の在り方を根底から揺るがしかねない政策の大転換が、国会を介さず行われること自体、日本の議会制民主主義の危機だとも言えます。

〇ウクライナを利用するな

 防衛費の倍増もそうですが、憲法に抵触する恐れがあり、国民の反発されそうな政策において、岸田政権はウクライナを利用しています。しかし、今回の防衛装備移転三原則の改定が本当にウクライナのためになるのか、むしろガザの人道危機を長引かせることにつながるのではないか。年明けからの通常国会での与野党論戦で大いに追及がなされることが必要かと思われます。

(了)
*本記事を興味深いを感じられたら、SNS等での拡散、シェアを是非よろしくお願い致します。また、読者登録(登録だけなら無料)も是非よろしくお願い致します。

無料で「志葉玲ジャーナル-より良い世界のために」をメールでお届けします。コンテンツを見逃さず、読者限定記事も受け取れます。

すでに登録済みの方は こちら

読者限定
バイデン大統領を日本で逮捕する方法―過去にはフランス等での事例も #ガ...
読者限定
何故、イスラエルは国連を嫌い、攻撃するのか―背景に恐るべき本性
読者限定
「次の首相」上川氏の顔に泥を塗った防衛省―ガザ虐殺最中にイスラエル軍事...
誰でも
ウクライナを食いものにする日本の「平和主義者」と岸田政権
誰でも
日本は金出す国、イスラエルは壊す国―問われる上川外相、日本の納税者に説...
誰でも
「佐藤優クロ現問題」でNHKに批判相次ぐ―世論分断工作に加担?ウクライ...
読者限定
これが本当の「解放」安田純平さん、外務省の弾圧に勝訴-メディアの姿勢問...
読者限定
ファミマの食品は「ガザの血の味」がする?イスラエル"最凶"軍事企業と伊...