「人質は敵ごと殺せ」ガザ攻撃にも適用?イスラエルの非情な"ハンニバル指令"

 イスラエルによるガザへの猛烈な攻撃の中、ガザ市民のみならず、人質達の一部が死亡しているとも報じられている中、主に中東系メディアで論じられているのが、「ハンニバル指令」(交渉材料としてイスラエル側の弱みになる捕虜を敵もろとも殺害するという同国の軍事ドクトリン)を民間人にも適用しているのではないかという見解です。
志葉玲 2023.11.18
読者限定
2014年のガザ攻撃(写真)の際にも、ハンニバル指令が発令されたという。

2014年のガザ攻撃(写真)の際にも、ハンニバル指令が発令されたという。

 読者の皆さん、こんにちは。ジャーナリストの志葉玲です。イスラエルによるパレスチナ自治区ガザへの攻撃が収まる気配がありません。イスラエルのネタニヤフ首相は、あくまで「人質が全員解放されない限り、停戦はしない」として主張しており、「5日間の停戦とイスラエル側が拘束している女性や子ども達の解放を条件に、(約240人の人質の内)最大70人の人質の解放する」との、カタールを通じたハマスの申し出にも応じていないことが報じられています。ここで生じてくる疑問は、ネタニヤフ首相が最優先しているのは、ガザへの攻撃であり、必ずしも人質全員の解放ではないのでは?というものです。

 あくまでハマス側の発表でその真贋はわかりませんが、イスラエル軍による空爆で人質達の一部が死亡しているとの情報もあります。こうした中、イスラエル軍の方針として、主に中東系メディアや中東諸国のネットユーザーで論じられているのが、「ハンニバル指令」(交渉材料としてイスラエル側の弱みになる捕虜を敵もろとも殺害するという同国の軍事ドクトリン)を民間人にも適用しているのではないかという見解です。10月7日のハマスによるイスラエルの村や集落への襲撃の生存者も、イスラエル軍が人質もろともハマス等の戦闘員を攻撃し、こうした攻撃によって人質も死亡したと証言するなど、「単なる陰謀論」とは片づけられない証言や過去の実例があるのです。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、4098文字あります。

すでに登録された方はこちら

読者限定
バイデン大統領を日本で逮捕する方法―過去にはフランス等での事例も #ガ...
読者限定
何故、イスラエルは国連を嫌い、攻撃するのか―背景に恐るべき本性
読者限定
「次の首相」上川氏の顔に泥を塗った防衛省―ガザ虐殺最中にイスラエル軍事...
誰でも
ウクライナを食いものにする日本の「平和主義者」と岸田政権
誰でも
日本は金出す国、イスラエルは壊す国―問われる上川外相、日本の納税者に説...
誰でも
「佐藤優クロ現問題」でNHKに批判相次ぐ―世論分断工作に加担?ウクライ...
読者限定
これが本当の「解放」安田純平さん、外務省の弾圧に勝訴-メディアの姿勢問...
読者限定
ファミマの食品は「ガザの血の味」がする?イスラエル"最凶"軍事企業と伊...