悪いのは「ミセス~」だけか?「コロンブス」MV炎上とコカ・コーラを中東視点で観ると…

人気バンド、Mrs. GREEN APPLE(ミセス・グリーン・アップル)のMVが「植民地主義的」と炎上した件について、主に植民地主義とコカ・コーラの関係について深堀りします。
志葉玲 2024.06.17
読者限定
問題となったMV 現在は閲覧できない状態

問題となったMV 現在は閲覧できない状態

 日本の人気バンド、Mrs. GREEN APPLE(ミセス・グリーン・アップル)が12日夜に公開した新曲のMV(ミュージックビデオ)が、SNS上で「差別的な内容」「植民地主義的」等の猛批判を受けて公開停止となり、バンドや所属のレコード会社が謝罪しました。一連の騒動は、各メディアでも報じられたので、本稿をご覧の読者にも御存知の方が少なくないかと思いますが、本件について、少し違った視点から論評しようと思います。Mrs. GREEN APPLEのMVの内容は、確かに酷いものでしたが、批判されるべきなのは、同バンドだけなのでしょうか?この「炎上」をきっかけに、多くの人々に知ってもらいたいことがあります。

【志葉からのお知らせとお願い】ウクライナやパレスチナなどの紛争地での現地取材や地球温暖化対策、脱原発、入管問題などで鋭い記事を配信し続けるジャーナリスト志葉玲が、ジャーナリズムの復権と、より良き世界のための発信をテーマにニュースレターを開始。本記事含め、当面、無料記事を多めに出していきます。お知らせのための登録だけなら無料ですので、是非、以下ボタンからご登録ください。Journalism will never die!!

〇大炎上したMVの内容は?

 既に御存知の方も少ないでしょうが、念のため、今回の騒動について簡単に紹介すると、若い世代に人気のバンド、Mrs. GREEN APPLEは今月12日、「コロンブス」という新曲のMVを公開しました(その後、同13日に公開停止)。このMVは、コロンブスやナポレオン等に扮したバンドのメンバー達が、類人猿の住む島を発見し、類人猿達と交流するというもの。史実では、コロンブスが「発見」したのはアメリカ大陸であり、そこで暮らしていたのは、先住民の人々ですから、コロンブスに扮したバンドのメンバーが島で出会ったのが類人猿というのは、先住民を人間以下の存在に貶めているとも見える表現で、その時点でアウトだと言えます。

 植民地主義の中核を担うのは、先住民族を自分達より劣った存在だという差別なのですが、よりにもよって「コロンブス」のMVは、その歪んだ優越感までトレースしてしまいます。つまり、バンドのメンバー達が類人猿にピアノや軍隊式の敬礼を教えたりする、いわば「類人猿達に人間様(=白人様)の文化を教えてやる」という様な振る舞いをしていますし、類人猿に自分達が乗った人力車を引かせるなどをしています。

 そもそも、コロンブスは、自らが「発見」したカリブ海域に到達すると、歓迎してくれた先住民の人々から黄金などを略奪したあげく、人々を虐殺したり、大勢を拉致し奴隷にしたりするなど、とんでもない悪行を重ねた人物です。また、コロンブス以降の西欧列強の侵略により、アメリカ大陸の先住民族の人々が壊滅的な被害を被り、滅ぼされた文明や絶滅した民族/部族もいくつもあることは、世界史の常識です。そのコロンブスを肯定的に取り上げるという時点で、やはりMrs. GREEN APPLEのMVは問題があると言わざるを得ません。

〇植民地主義とコカ・コーラ

 さて、ここまでは他のメディアでの解説でも語られているところですが、私が注目したのは、この、Mrs. GREEN APPLEの「コロンブス」のMVが、コカ・コーラ社とのタイアップで制作されたものだということです。実際、MVの中でもバンドのメンバーがコーラらしき飲み物を飲んでいますし、歌詞にも「炭酸の創造」「渇いたココロに注がれる様な」「愛を飲み干したい」とあるように、割と露骨ですね。

 実のところ、私は当初、「今回のMVがコロンブスという侵略者をコカ・コーラの植民地主義的なビジネスに重ね合わせた、確信犯的な皮肉だったのなら、それって最高にロックじゃん?」と思ったのですが、残念ながら、それは私の買い被りで、バンドの釈明文にも表れているように単に無知で配慮が足らなかっただけだったようです。ただし、コカ・コーラ社にコロニアリズム(植民地主義)的な面があるという問題自体は変わりありません。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、4349文字あります。
  • 〇イスラム圏でもコカ・コーラのMVが炎上
  • 〇入植地がガザ攻撃の引き金に
  • 〇「差別に反対」ならイスラエルでの事業を見直すべき

すでに登録された方はこちら

提携媒体・コラボ実績

読者限定
「女性は敵、赤ん坊は敵、妊婦は敵」イスラエル側の真意、バイデンの偽善も...
読者限定
電気棒を肛門に突き刺す、イスラム女性を路上で裸にする―イスラエル軍の性...
読者限定
大炎上した山崎怜奈さんに伝えたい、コスパ至上主義と実際に世界で起きてい...
読者限定
「欺瞞の平和」広島市・松井市長の逆ギレ会見-再考促す署名も #ガザ
読者限定
バイデン大統領を日本で逮捕する方法―過去にはフランス等での事例も #ガ...
読者限定
何故、イスラエルは国連を嫌い、攻撃するのか―背景に恐るべき本性
読者限定
「次の首相」上川氏の顔に泥を塗った防衛省―ガザ虐殺最中にイスラエル軍事...
誰でも
ウクライナを食いものにする日本の「平和主義者」と岸田政権